「勝てる脳」のきたえ方 「心」と「技」に脳科学で迫る 柏野牧夫 NTTコミュニケーション科学基礎研究所 上席特別研究員 スポーツ脳科学プロジェクト プロジェクトマネージャー
スポーツの上達には、筋力や心肺機能を高めることが不可欠である。しかし、それだけでは不十分だ。スポーツでは「心・技・体」が切り離せないと言われるように、強靭でしなやかな「体」加えて、身体を最適に操るための「技」、精神状態を自在にコントロールできる「心」を手に入れて初めて、パフォーマンスの向上が期待できる。では、そのために何をすればいいのか—。その難問に挑む「Sports Brain Science Project(スポーツ脳科学プロジェクト)」のリーダーである柏野牧夫氏および研究メンバー、さらにはアスリート、識者などに、「勝てる脳」のきたえ方について聞いていく。

SPECIAL CONTENTS | 2016.2.18

第1回(前編)
身体の操り方と心のコントロールの仕方を探りたい

スポーツ上達のための「心」と「技」に迫る研究


スポーツにおいて身体を最適に操り、精神状態をうまくコントロールできるよう、効率的にパフォーマンスを高めるための方法論を探ろうとしている「Sports Brain Science Project(スポーツ脳科学プロジェクト)」。その基本的な考え方とは?

» READ MORE

SPECIAL CONTENTS | 2016.2.18

第1回(後編)
身体の操り方と心のコントロールの仕方を探りたい

身体の動きや意思決定は、自覚できない脳の活動に支配されている


これまで、本人が自覚できない「潜在脳機能」のプロセスの解明を手がけてきた柏野氏。自らの趣味である野球を対象に、実践を通じて研究テーマを見出し、解明することで、自身の技の向上も目指す。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.2.18

第2回(前編)
脳と身体で起きていることを捉え、勝つためのエッセンスと手法を探る

ICTを活用して、脳と身体の反応を包括的に捉える


潜在脳機能のプロセスを探る際、人間の身体を外から見たときに表れるさまざまな反応が手掛かりとなる。それらを包括的に集め、蓄積して、解析する。データマイニングと仮説検証の組み合わせが、この研究のアプローチである。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.2.18

第2回(後編)
脳と身体で起きていることを捉え、勝つためのエッセンスと手法を探る

身体の動きを、音や触感により提示する「感覚フィードバック」


Sports Brain Science Projectでは、生体情報を取得し、蓄積し、解析した結果から、新たなスポーツ上達のための支援法を開発しようとしている。はたして、その支援法とはどのようなものなのか。部屋や衣服がコーチとなる日も近い!?

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.5.30

第3回(前編)
生体情報から、心身の状態を探る

心拍が語る本番と練習の違い


練習ではうまくいくのに、試合になるとあがってしまい、いいパフォーマンスができない人。逆に、本番で「火事場の馬鹿力」が発揮できる人。その違いはどこにあるのか。「Sports Brain Science Project(スポーツ脳科学プロジェクト)」において、生体情報から「メンタル」成分の抽出を手がけている若手研究員、井尻哲也氏と柏野牧夫氏に話を聞く。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.5.30

第3回(後編)
生体情報から、心身の状態を探る

野球人としての経験を糧に未知の領域を切り拓く


大学時代は東大野球部に所属し、主将も務めたことがある井尻哲也さん。幼い頃から野球一筋の人生を歩む中で、つねにトップを目指して「うまくなりたい」と願い、日々練習に励んできた。研究者の道を選んだいま、自らの体験を生かして、サイエンスの側からスポーツ技術の向上の方法論を探っている。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.5.30

第4回(前編)
見て、動くための脳のはたらき

かくも複雑な脳の視覚系のしくみ


私たちは対象物の動きを見て、それを意識して身体を動かしていると感じているかもしれない。しかし実際には、瞬時の判断と動きが求められるスポーツでは、意識に上ってから動いたのでは間に合わない。ではなぜ、身体は反応することができるのか。脳の視覚系のしくみを探りつつ、錯覚など、視覚の特性を知ることの重要性について語る。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.5.30

第4回(後編)
見て、動くための脳のはたらき

視覚の特性を活かして、熟練者の脳と動きに迫る


脳の視覚系は、じつに複雑で多様なはたらきをしている。それがゆえに、見えたと意識できなくても身体を動かすことができたり、見方を変えることでパフォーマンスを変えたりすることができる。スポーツでは、その視覚のさまざまな特性を味方につけた者が優位に立てる。しかしどうやって? その一つの解が、多様な環境下でのトレーニングにあるという。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.10.19

第5回(前編)
スポーツや医療に革新をもたらす「hitoe」

着るだけで生体情報が取得できる機能素材の可能性


「Sports Brain Science Project」では、スポーツ時の心拍数や筋電などの生体情報を計測し、心身の状態に迫ろうとしている。その計測の中で重要な役割を果たす計測ツールの一つが、NTTが東レと共同で開発した機能素材「hitoe」だ。導電性の機能素材hitoeを組み込んだウェアは、ただ着るだけで心拍や筋電などの生体情報が取得できるというもの。開発者であるNTT物性科学基礎研究所の塚田信吾氏と中島寛氏に、hitoeの開発の経緯と特徴を聞いた。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.10.19

第5回(後編)
スポーツや医療に革新をもたらす「hitoe」

試合時のデータから見えてきた真の姿


外科医であり基礎医療の研究者である塚田さんと、高分子材料の化学者である中島さんという、異分野の研究者の出会いから誕生したhitoe。試合時の計測などを通じて、これまで知られていなかった、アスリートの心身の状態がリアルタイムで見えるようになってきた。2020年の東京オリンピックへ向けて期待が高まる中、アスリートのトレーニングへの普及を目指していく。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.12.28

第6回(前編)
音とリズムでスポーツ技術の向上へ導く

筋活動を音に換える「可聴化」とは


スポーツ技術を向上させる場合、はたしてどのような取り組み方が上達への近道になるのだろうか。自らの動きを映像で振り返ったり、トレーナーから指導を受けたり、メンタルコーチングを取り入れたり、さまざまな方法がとられているが、さらによりよい方法があるかもしれない。そうした中、「Sports Brain Science Project」で取り組むのが、筋肉の力の入れ具合やタイミングを「音」に換えてフィードバックする「可聴化」の試みである。可聴化システムを担当する持田岳美氏と柏野牧夫氏に話を聞く。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2016.12.28

第6回(後編)
音とリズムでスポーツ技術の向上へ導く

可聴化システムのさまざまな可能性


「Sports Brain Science Project」では、筋活動を音に換えてフィードバックする「可聴化」システムを開発しているが、身体運動と音の関係をより詳しく探りながら、スポーツトレーニングに効果的に取り入れられないか研究を進めている。音の特性を生かしたさまざまな可聴化のアプローチと今後の展望について話を聞く。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.2.14

第7回(前編)
プロ野球投手から研究者へ

身体の使い方、意識の持ち方がプロへの道を拓いた


25歳でプロ野球選手になり、2013年、30歳で現役を引退した横浜DeNAベイスターズの元投手、福田岳洋氏。その福田氏が、2017年1月より、「Sports Brain Science Project(スポーツ脳科学プロジェクト)」のリサーチスペシャリストとして、新メンバーに加わった。京都大学大学院で学んだスポーツ科学の知見とプロ野球選手としての貴重な経験を携えて、研究者としての歩みをスタートさせた福田氏に、プロジェクト参加へのいきさつと、研究者として、アスリートとして抱えてきた問題意識について聞く。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.2.14

第7回(後編)
プロ野球投手から研究者へ

研究者とアスリートをつなぐ存在として


2017年1月より、「Sports Brain Science Project(スポーツ脳科学プロジェクト)」のリサーチスペシャリストとして、横浜DeNAベイスターズの元投手、福田岳洋氏がメンバーに加わった。研究者として、アスリートとして抱えてきた問題意識と自身の経験を携えて、研究者とアスリートをつなぐインタープリターとしての役割と抱負を語った。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.3.14

第8回(前編)
DIGITAL CONTENT EXPO 2016シンポジウム「オリンピック・パラリンピックにおけるコンテンツ技術の可能性」

テクノロジーの力で人間を強化できるか?


近年、ドローンやヘッドマウントディスプレイ(HMD)、さらにはビッグデータ解析などの先端のテクノロジーを活用し、従来になかった視点でスポーツ観戦を楽しんだり、人間の身体能力の強化に役立てたりといった、スポーツとテクノロジーの融合に注目が集まっている。とくに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催へ向け、スポーツに資する先端テクノロジーへの期待は大きい。 2016年10月27日、日本科学未来館で開催されたデジタルコンテンツEXPO2016 シンポジウムにおいて、研究者とアスリートが一堂に会し、先端的テクノロジーの可能性と期待について語り合った。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.3.14

第8回(後編)
DIGITAL CONTENT EXPO 2016シンポジウム「オリンピック・パラリンピックにおけるコンテンツ技術の可能性」

テクノロジーの進展はスポーツに何をもたらすか


2016年10月27日、日本科学未来館で開催されたデジタルコンテンツEXPO2016 シンポジウムにおいて、研究者とアスリートが一堂に会し、先端的テクノロジーの可能性について議論した。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催へ向け、アスリートの視点、研究者の視点双方から、スポーツ観戦やトレーニングに資する新しい技術への期待、課題、展望について意見を交わした。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.4.26

第9回(前編)
バーチャルリアリティ 技術で解き明かすスポーツ選手の「技」と「心」

脳科学の計測に臨場感あるVRを活用する


「Sports Brain Science Project」のテーマの一つに、バーチャルリアリティ (Virtual Reality : VR)を用いた脳と身体の反応を探る研究がある。ヘッドマウントディスプレイ(Head Mounted Display : HMD)を装着して、実験参加者に臨場感あふれる投球映像を見せると、どのような反応が得られるのか。VRを活用して脳の情報処理の過程を明らかにし、スポーツで勝つためのエッセンスを探ろうとしている木村聡貴氏に話を聞いた。

» READ MORE


SPECIAL CONTENTS | 2017.4.14

第9回(後編)
バーチャルリアリティ 技術で解き明かすスポーツ選手の「技」と「心」

脳科学の計測に臨場感あるVRを活用する


「Sports Brain Science Project」のテーマの一つに、バーチャルリアリティ (Virtual Reality : VR)を用いた脳と身体の反応を探る研究がある。ヘッドマウントディスプレイ(Head Mounted Display : HMD)を装着して、実験参加者に臨場感あふれる投球映像を見せると、どのような反応が得られるのか。VRを活用して脳の情報処理の過程を明らかにし、スポーツで勝つためのエッセンスを探ろうとしている木村聡貴氏に話を聞いた。

» READ MORE


取材・執筆
田井中 麻都佳 / Madoka TAINAKA
編集・ライター/インタープリター。中央大学法学部法律学科卒。科学技術情報誌『ネイチャーインタフェイス』編集長、文科省科学技術・学術審議会情報科学技術委員会専門委員などを歴任。現在は、大学や研究機関、企業のPR誌、書籍を中心に活動中。分野は、科学・技術、音楽など。専門家の言葉をわかりやすく伝える翻訳者(インタープリター)としての役割を追求している。趣味は歌を歌うことと、四十の手習いで始めたヴァイオリン。大人になってから始めたヴァイオリンの上達を目指して奮闘中。